保湿化粧品を利用して肌トラブルを回避|美肌効果の秘訣

美容液

悩む方が多い症状

女性

とても辛い症状

実は、近年、お尻にニキビができてしまって悩む方が多くいます。このお尻のニキビの一番の特徴は、症状が進行すると座る時に鋭い痛みを感じることです。座った時の衝撃でニキビを潰してしまうケースもあるので、なかなか治りにくいです。お尻にニキビができる主な要因は、夏などに蒸れてしまって不衛生になるからです。下着の中に汗や皮脂が溜まってしまうと、お尻の皮膚に雑菌が繁殖してしまいます。その結果、ニキビができやすくなるというわけです。その他にも、女性などデスクワークで座っている時間が長いことも要因です。お尻を常に圧迫している状態になるので、お尻部分が血行不良になります。その結果、お尻に老廃物が溜まりやすくなり、ニキビに発展してしまいます。

予防のために気をつける事

お尻というのは、体の中でも皮脂腺が多いことからニキビができやすい部位です。ニキビになるとなかなか治らない場所なので、これから予防のためのポイントをお教えします。まず大切なことは、お尻を清潔な状態に保つように心掛けることです。そのためには、身につける下着は通気性のいい綿や木綿素材のものを選ぶことです。また、絶対に皮膚を締め付けるような下着を身につけないことです。その他にも、お尻は汗や皮脂で汚れやすいので、毎日、きちんとお風呂で洗うことが大事です。洗う時はあまりにもゴシゴシと強く洗わず、石鹸を泡立てて優しく洗います。お風呂上りには、皮膚が乾燥しないように保湿性の高い化粧水、クリームでケアすると良いです。